[CentOS7] PostgreSQLのソースインストール後の起動ファイル作成

yum/RPMでなくソースをコンパイル・インストールした場合に、これまでのような「/etc/init.d」以下に設置する起動スクリプトと同様の「systemctl」用の設定は付いていない場合が多い。 ...という罠に、これまで使っていたRPM版のPostgreSQLを削除してソースをコンパイル、インストールしてさあ起動、という段階になって気がついた。 調べたところ、起動設定は「/usr/li …