Karate 1 Premier League Tokyo(2019)

Karate 1 Premier League Tokyo(空手1プレミアリーグ東京)の決勝を観に武道館に行ってきたので雑感。

朝から行こうかと思っていたが、結局昼過ぎに出て14時半からの決勝にギリギリ間に合った。



指定席はリストバンドを着けられる。フェスかよ! (苦笑


席は指定席なので1階席、南東(SE)のCの某。1階席の前から3列目ということで、自分史上武道館で最もアリーナに近い席。いやー近い。オリンピックも当てたかったなー...orz



▼武道館

 来年のオリンピックに向けての本格的な改修・休館に入る前の最後の本館を使った武道大会。

 昨年から工事していた中武道場は完成していた。


▼女子形決勝(1)

 赤) - サンドラ・サンチェス (スペイン) : チャタンヤラクーシャンクー

 青) - 清水希容 (日本) : チャタンヤラクーシャンクー


 https://www.sportdata.org/wkf/set-online/popup_mitschrift_main.php?popup_action=auslosungcatpunktexml&catid=736&verid=266


 ・正直、清水は負けたかと思った

   → 全体的に若干、腰が高かったかなぁ、という印象。

 ・まさかの同点(27.68)

   → 審判7人で、テクニカル&アスレティックともに上下2人づつ落として中3人の合計点×0.7or0.3の合計だけど、それが同点の場合の決定ルールが分からない。

   → 場内の表示では両者の特典は小さく見にくくて、取り敢えずアナウンスその他で青(清水)が勝ったようにコールされてスポットも当たり、清水さんは若干涙ぐんでいたように見えた。

   → その直後に審判が集まり何やら確認しだし、清水さんも次の形を準備しだした。

   → 場内 : なにこれどうなってんの? 状態。どうも同点決勝らしい...?


   → つかこのあと、廊下でサンドラにちびっこの長蛇の列が。

       サインか。サンドラはいちいち丁寧に対応していて、この列は一体いつになったら解消されるのか... て感じだった。

       サンドラは164cmの自分から見てもちっちゃくて、でもあの筋トレの賜物か、お尻から腿の辺りはぷりぷりムチムチで(表現スンマセン)流石すぎる。


       そういや、自分もかつて大昔に全日本@武道館で、上農真理さんのサインもらったなー(遠い目


▼女子形決勝(2)

 赤) × サンドラ・サンチェス (スペイン) : スーパーリンペイ

 青) ○ 清水希容 (日本) : 親泊のパッサイ


  https://www.sportdata.org/wkf/set-online/popup_mitschrift_main.php?popup_action=auslosungcatpunktexml&catid=756&verid=266


  ・これまでの(常識的な)感覚だと、「同点の場合は(切り捨てた)最低点の高い方が勝ち」というのがルールだと思っていたが、どうもそうではないらしい

     → 同点の場合、最低点の高い方でもなく、最高点の高い方でもなく、単に「打ち直し」らしい(?)

     → WKFはころころルールが変わってわかりずれーよ!


  ・ともあれ、ここではサンドラのスーパーリンペイはチャタンヤラに比べれば若干精彩を欠いている印象

  ・清水は、直前で恐らく一度は糠喜びして動揺してもおかしくないところ、全く影響を感じさせない演武。流石だ。

    自分なら気持ちが切れていただろう。感動した。

    正直ここまで、清水は宇佐美に比べればまだまだだよなー などと思っていたが、見直した。ホントスミマセンでした。

  

  ・ていうか、SportieComのライブ中継では「泊(バッサイ)ですね」と言っていて最後まで訂正していないが、どう見ても「泊バッサイ」ではないですね。「親泊のパッサイ」ですよね!?


    https://twitter.com/SportieCom/status/1170577522339115010


    → とはいえ、WKFの形リストに「親泊のパッサイ」は載っているんだろうか?

    → JKFや糸東会のリストには「泊パッサイ」しか載っていないように見える.... > 教えてエロい人!


▼男子形決勝

 赤) × 新馬場一世 (日本) : チャタンヤラクーシャンクー

 青) ○ 喜友名諒 (日本) : オーハンダイ


  ・日本人対決になるとは思わなかった。

  ・新馬場さんは、決勝まで来てるわけだし、決して悪くはない。悪くないんだけど...

    → もはや男子形は、技の正確性とか力強さとかだけではない次元にある、と感じる。

    → 喜友名さんは、体が大きくて派手な方を打つ海外選手も全く寄せ付けなくなっている。

       なんかこう、正確性とかよくわからないけどあの形は凄い、という感じ。

    → 阿部さんの全盛期の全日本もそうだったけど、「むちみ」とか出されるともうどうしようもない。


  https://twitter.com/SportieCom/status/1170581501353660416



▼男子組手-67kg級

 赤) ○ 五明宏人 (日本)

 青) × BURAK UYGUR (トルコ)


  ・点差はともかく、五明選手は速かったね。


▼男子組手-75kg級

 赤) ○ 西村拳 (日本)

 青) × RAFAEL AGHAYEV (アゼルバイジャン)


  https://twitter.com/SportieCom/status/1170594274179604480

  ・西村×アガイエフの黄金カードキタ---!

    → からの 両者ポイント奪えず、判定。


  ・判定は若干のホームタウンデジション的な忖度があったのかもしれない気もしないでもない、という微妙な感じ。


  ・ただアガイエフに限らず、最近の外国人選手の「頭にタッチするような突き」(え、それ突きなの?) 的なのがどうしても好きになれないので、それが今回はポイント取られなかったのは良かった。

    → 身長がないモノとしてアガイエフは凄い選手だと思うし、実際速いんだけど、ただあの山なりの、側頭部へのタッチするような上段は取るに値しないと思っているので。



▼男子組手-84kg級

 赤) × ZABIHOLLAH POORSHAB (イラン)

 青) ○ 荒賀龍太郎 (日本)


 ・相手がC2×4で反則負け。

 ・まぁでも、一時期に比べれば「スピードドラゴン」も復活の兆しか!?

 ・これくらいの階級だと、遠目の間合いから潜っての中段とか決まらないんだろうか。

   自分みたいな小さい人間だと、わからない世界なんだろう。

 ・ただ、このクラスだとどうしても、間合いが詰まっての掴み合いになり勝ち。

   → これを防ぐにはどうしたらいいんだろう。いいアイディアはないな。

   → 仕方なく今はC2のウォーニングにしてるけど、結局のところ片方が反則負けになっても、観ている方は面白くはないわけで。


  https://twitter.com/SportieCom/status/1170599342605926400



▼女子+68kg級

 赤) × CLIO FERRACUTI (イタリア)

 青) ○ 植草歩 (日本)

  https://twitter.com/SportieCom/status/1170600458232033280


  ・決勝を見る限り、危なげなかったように見える。

  ・ていうか、女子組手で決勝はこれだけだったよね。これは心配だなぁ。



▼女子団体形

 赤) ○ 日本2 (研心館)

  https://twitter.com/SportieCom/status/1170606183113056256

 青) × 日本1 (慶應義塾大学)

  https://twitter.com/SportieCom/status/1170606273642954752


  ・全体的な練度で明らかに赤の勝ち。


▼男子団体形

 赤) × 日本2 (浪速高校)

  https://twitter.com/SportieCom/status/1170610316931022849

 青) ○ 日本1 (劉衛流)

  https://twitter.com/SportieCom/status/1170610647777701888


  ・浪速高校、結構頑張った。決勝まで来ただけはあるね。

    → 会場も、演武中は お、結構やるじゃん! 的に「おぉぉ!」と湧く場面もあった。

  ・ただ全体的にはまぁ、あの3人に勝てるわけもなく...

    ちょっとカワイイ感じのイガグリボーズ(実はイガグリじゃない)とあの3人の迫力とじゃ比べるべくもなく。

  ・最近の団体形は、3人で交互に位置を入れ替えながら(60度づつ回っていって)演舞するんだな。

    浪速高校の選手、終わった時に方向がわからなくなったのか、3人して揃って東側に向かって礼をしていて、一瞬会場ぽかーん。

    え、これナニ。実は未だ終わってないの? と思ったのも束の間、最終的に気づいて正面(北)に揃って礼をして、そこで会場は失笑(温かい拍手^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は 必須項目です。

管理者が承認次第、表示されます。

*